前へ
次へ

夏の風物詩金魚すくいっていつからあるの?

健康保険は、業務外の病気やけが、出産や死亡などに対して給付される制度であり、その種類は2種類あります。まずは、協会けんぽと呼ばれるものです。これは全国健康保険協会によって運営されています。政府管掌は、協会けんぽへと平成20年に移行しました。保険料は全国一律でなく都道府県単位で異なります。もう一つが、組合保険と言われているものです。これは健康保険組合が運営を行っています。加入者は、一定の事業者等で働くサラリーマンなどです。この加入者を被保険者といいます。パートやアルバイトは含まれません。被保険者が生計を共にしている親族は、被扶養者となることで被保険者の保険証で受診できます。ただし、被扶養者となる人の年収や親族の等親に制限があります。

top用置換

top用置換2
Page Top